プロフィール

橋爪皓佐(はしづめこうすけ)

音をシェアする空間の枠組みを再考、再構築することを主なテーマとし
様々なメディアとの共有領域において、音楽的な技法を展開し、新たな提示方法による制作を行う。
平行して伝統的な西洋音楽の演奏活動、作曲活動も行っている。
作曲家。クラシックギター奏者。

略歴
1984年愛知県生まれ、兵庫県出身。
2004年フランス国立ニース地方音楽院ギター科・エクリチュール科入学。
2007年ベルギー王立ブリュッセル音楽院ギター科入学。
2008年ベルギー王立ブリュッセル音楽院作曲科入学。(複籍)
2011年同校ギター科、作曲科の学士ディプロマを取得。(ギター科修士課程中退)
2012年帰国。京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲・指揮専攻(作曲)入学。
2013年英国王立音楽大学大学院作曲科へ短期派遣留学。
2014年京都市立芸術大学大学院にて修士号を取得。
2018年現代音楽アンサンブル「ロゼッタ」を結成し、表現活動の中軸としている。

音楽活動・美術展示 (自主企画、共催企画以外は過去のコンサートを参照)
2009年 Remcontre de Guitare classique de Nice, ニース、フランス 招待、リサイタル
2011年 在ベルギー日本大使館文化センターで個展「Consonance」を企画・出演
2012年 「Plink! Plank! Plunk!」望月豪氏とジョイントリサイタル 企画・出演 (東京・大阪)
2013年 「Les Pois 水玉音色の三つの楽器」 企画・出演 (福岡・大阪・東京)
2015年 CD「Electric Counterpoint」「旅する音の葉 壺井一歩ギター作品集」(LPC Japan)発表 東京、神戸でリサイタル
2015年 『未知の標本』展 映像作品「砂のトレモロ」「counterline」出品 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都)
2016年 「未来のクラシック音楽」公募展を企画・京都芸術センター講堂で開催 京都芸術センター共催企画
2018年 「未知の空間」ロゼッタ結成公演を開催 京都芸術センターco-programカテゴリーA「共同制作」採択事業
2018年 ピッコロ室内楽サロン 共催・企画 出演
2018年 開館40周年記念展 「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」国立国際美術館(大阪)アローラ&カルサディーラ《Lifespan》パフォーマーとして展示に参加
2018年 「Excersise for Death」 opening ゲストアーティストとしてパフォーマンス
2018年 「Partition」opening ゲストアーティストとしてパフォーマンス
2019年 「ロゼッタクラシカル#1」フラットフラミンゴ(大阪)ロゼッタ主宰公演 企画

受賞歴等

2008年 山口ギターコンクール首席(一位なしの二位)
2009年 ドイツ、ヘルベルト・バウマン作曲コンクール入賞
2010年 ドイツ、カールフォンオシエツキー国際作曲コンクール レパートリー賞
2010年 大阪国際マンドリンコンクール作曲部門 ファイナル入選
2013年 全日本マンドリン合奏コンクール課題曲公募入選
2013年 東京かつしか作曲コンクール第三位・聴衆賞受賞
2013年 ダブリン、ST PATRICK’S COLLEGE INTERNATIONAL COMPOSERS’ FORUM 公募に入選、FIDELIO TRIO によるワークショップ参加
2016年 ティモ・コルホネン国際作曲コンクール ファイナリスト

レジデンス
2014年 FELDSTÄRKE INTERNATIONAL 2014(アートレジデンス)参加メンバーに選出
2015年 PACT ZOLLVEREIN にてサウンドアーティスト白尾佳也氏と共同で、一ヶ月間レジデンシーとして制作を行う

連載
奏でる!マンドリン
2013年-2015年 マンドリンオーケストラのギター奏者のための「ギター講座
2015年- マンドリン・ノーテーションガイド

現代ギター
2019年4月号- ギターのための12の讃歌(オマージュ)

メディア
2013年 さくらFM アラウンドザネット 出演
2013年 FM和歌山 出演
2015年 Classical Guitar Alive!, USA. September 23, CD「旅する音の葉」より演奏放送
2018年 NHK第2 カルチャーラジオ 芸術その魅力 出演 智内威雄 「モノクローム・コレクション」(橋爪作曲)より